公開日: 

彼が結婚の話をしたがらない「本当の理由」を知っていますか?

女性も30代を迎えると彼と「結婚」の話をすすめたい気持ちが高まります。それなのに彼は「今はちょっと」など、煮え切らない態度の場合が少なくありません。
どうして彼は結婚に踏み切れないのでしょうか?

実は本当の彼のことを知らないのかも?

「今はまだ・・・」と言う恋人。その理由をちゃんと確認しましたか?

男性が彼女に秘密にしている、結婚に踏み切れない理由を見ていきましょう。

「転職活動中で実は無職」
「離婚歴がある」
「彼女より給料が少ない」
「両親と同居が必須条件」
「家柄がかけはなれている」
「借金がある」

もしかしたらあなたの恋人は何か大切な事を言えないでいるかもしれません。
言い出しにくい事かもしれませんが、結婚への気持ちが盛り上がってから、こんな理由を突きつけられても困ってしまいます・・。

でも、そもそも恋人のことをよく知らなかったという問題は、避けることはできなかったのでしょうか。

「尊重力」が高すぎて遠慮していませんか?

相手を思いやってその生き方を許容できる「尊重力」は人として大切ですが、行きすぎると都合のいい女になりかねません。

「恋人に嫌われたくない」「重たく思われたくない」「アレコレ聞くのははしたない」
そうした気持ちから、疑問に思ったことがあっても言葉に出すのをためらってきませんでしたか?

彼もあなたの尊重力に甘えて、言わなければならないことを先延ばしにしていたのかも。
優しいのと相手の好きなようにさせておくのとでは話が違います。これでは二人の関係はいつまで経っても建設的な方向には向かいません。
時には相手の心にずかずかと入り込んでいく強さも必要です。

「開示力」が足りず信頼関係が築けていないのでは?

恋人が結婚出来ない理由を知らなかったという人は、相手の事を知らないだけではなく、自分のこともオープンにしていないのかもしれません。

相手を知るためには、自分のことも包み隠さず伝えられる「開示力」が必要です。

「お互いの家族構成」
「勤務先や役職」
「具体的にどんな仕事をしているのか」
「お互いの住所」
「結婚に対する思いや理想」など

お付き合いしているのに知らなかったとしたら問題です。

結婚を考えるお相手なら、少しでも早い段階で、お互いの環境や心の内を見せ合って信頼関係を築かなくてはなりません。

そのためには、まずは自分から伝えることです。
人は相手に開示されると、自分も開示しようという気持ちが芽生えます。
もしそこで相手に開示したくないことがあったとしたら・・・・・・居心地が悪くなって自然と離れて行きます。
本当に将来を考えるなら同じように開示してくれる人であることは必須です。

 

自分の「尊重力」や「開示力」は人より高い?低い?
その他12の「◯◯力」で自己分析してみませんか?
恋愛力結婚力診断(コミュニケーション診断)
https://loveba.jp/counseling

著者:水野真由美

無料で相談したい方

LINEで相談したい方

婚活力をチェックしてみたい方

婚活おすすめ情報

2つのコースのお見合いをご用意!成婚者の声を参考に始めてみませんか?
 お見合い 
恋愛下手の私が結婚できた!その秘訣を教えます
 相談会 
結婚したい!そんな時まずは婚活カウンセラーに相談を。
 相談会