公開日: 
著者:水野真由美

好条件の相手と結婚したって幸せになるとは限らない!本当に必要な結婚の条件とは?

結婚相手に何を求めていますか?
お金、ルックス、共通の趣味など人によって相手に求めるものは様々だとは思います。
でもそれがすべて揃ったとして、幸せになれるのでしょうか。

この記事では自分を本当に幸せにしてくれる結婚相手の見つけ方についてお話します。

普通の条件って実は簡単じゃない

見た目は普通で、身長も私よりは高いほうが良くて、大卒で年収500万以上、親とは別居で、、、

あ、私も、と思った女性も多いのではないでしょうか。

これって実はかなりの理想的な条件ですが、婚活中の女性がこうした条件を求める気持ちもわかります。
ひとつひとつを取ればそんなに難しいことは言っていませんから、「普通ですよね?」と考えてしまうことでしょう。

しかし、「この条件のすべてが一人の人の中に揃う」ことほど難しいことはありません。
周囲を見渡してみて、さて、平均的に条件が整っている男性が一体どれくらい存在するでしょうか。

結婚の条件が上がれば幸福度も上がるのか?

ここで本質的なことを考えてみましょう。

これらの条件を満たす相手と結婚すれば幸せになれるのでしょうか?

そんなことは全く分からない、ということに気づくのではないでしょうか。
もちろん、お金持ちと結婚すれば経済な不安は解消するかもしれません。でも、ものすごくケチだったり、散財はするけど自分には使ってくれなかったり、表面的な数字からは何もわかりません。

ルックスがいくら良くても見慣れたらどうも思わなくなったり、必ず老化はしていくので価値が落ちやすい条件でもあります。

では、いったい何を基準に相手のことを見つめたらいいのでしょうか?

 

表面的ではなくもっと生活に紐付いた条件を

それは「生活や生い立ちの中での実感から生まれる条件」をしかりと意識してお相手と向き合ってみることです。

例えばこんな女性がいました。

「私は四姉妹の末っ子で、姉夫婦三組は子供と旦那さんを連れてよく実家に集まります。
旦那さんも自然に溶け込んでいてとても賑やかで本当に家族っていいなと思います。
私も早く旦那さんと子供を連れて参加したい。」

 

こうなると探すお相手は、結婚後もご実家近くに住める方、人付き合いが好きな方、分け隔てなく誰とでも馴染めるコミュニケーションが得意な方に絞られてきます。
もちろん今の自分の生活水準と見合う方ことは大切なので、年収なども確認はしますが、なによりも見るべき点は「コミュニケーション力」と「交際力」だと自覚できます。

目線が定まっていると相手探しにも迷いがなくなり、この人だと決める時も納得感と幸福感に満たされます。

もっと簡単な事でいえば、仕事は自分の自己実現の1つだと考えている女性に
高学歴高収入の男性が現れて「仕事は辞めて主婦としてサポートして欲しい」と言ったとしたら、どうしますか?
たとえ、条件はばっちりでも、この一言で生きがいを得られなくなるかもしれません。

自分の進みたい道、つまり自分が幸福だと感じられる生き方がなんであるか実感のある人はどんなに好条件を積まれてもこの男性のことはお断りするでしょう。

どんな人生を過ごしたいか

自分の環境や生い立ちの中で何が自分にとっての幸福なのか、こうありたいという未来の自分とはどんな姿なのか、どんな人が何をしてくれたら幸せなのか……そんな「生活の実感を伴う幸福感」の源をしっかりと意識してみてください。

そしてあなたが大切に思うものを同じように大切に思ってくれる人、つまりあなたの生きがいや生き方に理解るある人をみつけましょう。

それがあなたを幸福にしてくれる人を見つける大切な条件です。

そして、あなたも相手の価値観を尊重し助けていく必要があります。

お互いにそれをすっと受け入れることが出来る人が、生きていくうえで大切な条件の合う人なのです。

あなたはどんな人生を過ごしたいでしょうか。結婚後も人生は続きます。
表面的な事に捕らわれずしっかりと自分の生き方を見つめてみて下さいね。

カテゴリー婚活コラム