著者:higashiyamazaki

PRは上手に!でも嘘はNG!婚活プロフィールはこう書く!

お見合い形式の婚活パーティでほぼ必ず渡されるのが「プロフィールカード」。

これは自分と自分を取り巻く環境などを記載した、異性にPRするための情報です。

婚活パーティをはじめて利用する場合、「どう書いたら良いのやら・・・」と悩んでしまう場合も多いことでしょう。

それではプロフィールカードでよくある記載項目やそれらの書き方についてレクチャーします。

プロフィールカードにはどのような項目があるのか?

婚活パーティの受付で渡されることの多い「プロフィールカード」。
そこには主に以下のような記載項目が羅列しています。

・名前
・年齢
・最終学歴
・出身地
・居住地
・職業
・年収
・趣味
・家族構成
・タバコやお酒の嗜み
・好きな異性のタイプ

ざっと以上のようなことが主だった記載事項です。

 

記載の注意点

各項目の中でも特に気をつけたいことについて説明・・・の前に、注意してほしいことがあります。

それは「書き方次第で印象が大きく変わる」という点。

「嘘はダメだけれど上手に書くのはOK」というのを見極めつつ記載していくことが重要です。

例えば仕事での提案書などもそれに近いものがあります。
売り込む物をいろいろな角度から見極めて良いところを探し出し、如何に魅力的に書くかは、誰もがやっていることでしょう。

それと同じ目線で売り込むものを商品ではなく自分に置き換えてください。

スペックは偽らずに女性からよく見えるように書くことで上手にアピールしましょう。

それでは本題のプロフィールカードの書き方についてですが、嘘がだめな部分についてから説明します。

・名前
・年齢
・最終学歴
・出身地
・居住地
・職業
・家族構成
・年収

以上を偽れば詐欺です。
特に合コンとは違って婚活は最終目的は結婚ですから、嘘がバレてはすべてがご破産。
その点からも上記については間違いのない情報を記載しましょう。

なお、家族構成について女性が気にするのは「長男であるかどうか」。
将来的な同居を想定しての質問でもあるので、相手の考えを先回りして「同居の予定なし」の一言を添えておけば無用な心配を与えずに済みます。

そしてここからは、書き方の良し悪しが出てくる部分です。

・趣味
・タバコやお酒の嗜み
・好きな異性のタイプ

「趣味」は一般的に認知されている趣味やマイナーでも健全なものでしたら問題ありませんが、いわゆるオタク系やギャンブルなどは書き方に配慮しましょう。
もちろんそんな趣味の理解者が欲しいというのでしたら遠慮はいりませんが、大部分におていハードルを高めてしまうので、誰もが当てはまりそうな一般受けする趣味(読書や映画鑑賞など)をメインに、添える程度の書き方が無難です。

鉄道オタクなら「電車の旅」、アイドルオタクなら「コンサート鑑賞」など。
細かなことは親しくなったらお話すればいいことです。

「タバコとお酒」については相手も嗜んでいなければマイナスポイントになる場合がほとんどです。よほどの大酒のみでなければ、嗜む程度にと、どめておくほうが無難です。
また、殆どの女性が「喫煙者NG」ですので、禁煙を考えている方は早めにトライしておくべきです。

「好きな異性のタイプ」については自由記載ですが、よほどのこだわりがないのならだれでも当てはまりそうな「女性が好きな女性のタイプ」あたりを記載しておけば会話もしやすくなります。「明るい人」「優しい人」「礼儀正しい人」など。

 

文字は丁寧に書くこともお忘れなく

最後にお伝えしておきたいのが「丁寧に書く」ということです。

これは字の上手い下手の話ではなく、字が欄外にはみ出していないかどうか? チェックボックスのチェックがバラバラではないか?などの体裁の話です。

仕事でも同様で、フォントがバラバラ、ホチキスの止め方も適当というような人に仕事を任せていいのか?とは誰もが思うことでしょう。

プロフィールカードについても同様で、受け手の印象を考えて作るように心がけましょう。

カテゴリーコラム | 未分類
関連ワード | | |