公開日: 

「モテる人ほど婚期を逃す」らしいってホント?その理由とは

ずっとモテてきたし、結婚願望が無いわけではないのに、なぜかいつまでも独身の男女、周りに結構いませんか?
「その気になれば、すぐ交際できそうだし、結婚も決まるのでは?」と思われがちですが、実はモテ男女は、婚期を逃しやすい人も多いんです。

一体なぜでしょう?
そして婚期を逃さない為には何に気を付ければいいのでしようか?

1.「選ばれるのが当たり前」は続かない

若いうちは周りもちやほやしてくれて、お付き合いの申し出も多く、自分はいつも選ぶ立場でいればいい。そんな、 希望するものは勝手に向こうからやってくる状態だった人は、いくつになっても、その気分が抜けません。

しかし、残念ながらそれも大方20代まで。
特に女性は20代後半以降は「ある日突然ぱたりとお誘いが止まった・・」という方も多いですし、30歳を超えてくると「合コンなど集まりに行くと年下ばかりで居辛い」という状況になり易いので要注意。

人はいつまでも同じ状況、同じ立場ではいられないものです。

モテも残念ながらいつまでもは続かないと心得て。

2.自分から掴みに行くことが苦手

恋愛はいつも「相手に求められてスタートする」
モテる男女のお付き合いはこんな始まり方が殆どです。

自分から動かなくても、いつも誰かしらに言い寄られたり、自分が気に入った人も、相手に少し前きな姿勢を見せれば、向こうからここぞとばかりに押してきてくれる。
そんないつも、好意を寄せてくれる存在があるのはモテ男女ならではですが、これに慣れると、欲しいものを自ら掴みに行くバイタリティや自分を売り込むアプローチ力が育ちません。

若いうちに流れに乗って結婚まで進めばいいのですが、なかなか決めきれなかったり、もっといい相手がいるのではないかなど、迷い続けているうちに婚期を逃しやすいもの。

しかし、いざ、自ら行動しなければいけなくなった時、どうしていいかわからず、婚活相談に訪れる方も多いのが特徴です。

そして、この「自ら掴む」力の欠如は婚期を逃すもっとも大きな理由の一つです。

3.意外にメンタルが弱い


手痛く振られた経験やどんなに想っても望んだ相手が手に入らないという状況を経験せず成長してしまうと、相手の無関心な態度やNoのサインに簡単に心が折れやすく、恋愛に慎重になり過ぎたり、怖くて一歩踏み出せなくなってしまいます。

年齢が上がると待ちの姿勢だけでは本当に欲しいものは手に入らなくなります。
自ら行動すること、自分の立ち位置をきちんと把握すること、環境や周りの意識変化に気づくことはとても大切です。

そして、 傷ついても失敗しても立ち直れる力をつけましょう。

モテるのはそれだけ魅力的ということあり、良いことですが、それはいつまでも続くとは限らないこと、時間の経過とともに自分も様々な経験を積みかさねておく必要があること、そして何より受け取るだけでは恋愛は育たないことを意識して、結婚に繋がる力を身につけて行きましょう。

著者:水野 真由美

最新のイベント情報

イマドキメイクセミナー 全身コーデ編 ~セルフプロデュースでより一層美しく~
 セミナー 
イマドキメイクセミナー~一番綺麗な自分になれるメイクアップを手にいれよう!~
 セミナー 
イマドキメイクセミナー アイメイク編 ~プロのテクニックで新しい自分に出会えます!~
 セミナー 

婚活おすすめ情報

結婚したい!そんな時まずは婚活カウンセラーに相談を。
おすすめサービス 
 相談会 
2つのコースのお見合いをご用意!成婚者の声を参考に始めてみませんか?
おすすめサービス 
 お見合い 
恋愛下手の私が結婚できた!その秘訣を教えます
おすすめサービス 
 相談会