更新日: 

LINEの返信が遅い男性は何を考えているのか?返信が遅い男性の3パターン

4月になりましたね。
年度も変わり、今月から新たな環境で、という方も多いのではないでしょうか。

4月は新たな出会いが多い時期でもあります。
異性とLINEの連絡先交換をするシーンも多いでしょう。

しかし女性にとって悩ましいのが、「LINEの返信が遅い男性」問題。
既読のまま返信がしばらくないという経験は誰にでもあると思いますが、この悩みは特に女性に多いようです。
関係を進展させたいと思っている相手であれば、LINEの返信が遅いというのは気になる問題ですね。

しかしLINEの返信が遅いからといって、相手があなたに魅力を感じていないかというとそうとも限りません。
ではLINEの返信が遅い男性はいったい何を考えているのでしょうか。

パターン1:そういう性格

多くの場合はこれに当てはまるのではないでしょうか。
男性の多くは筆マメではありません。すぐに返信をする男性もいますが、そうでない男性も多くいます。
取り敢えずメッセージを確認して・・・、後で返信しようか、というわけです。

これは別に相手が女性だから、あなただから、というわけではなく、誰に対してもそのような対応です。

なんて面倒な・・・!と思うかもしれませんが、それはそういうものとして理解してあげて欲しいところです。
もし関係を進展させたいのであれば会う約束を頻繁に取り付けて、直接の会話で関係を進展させるしかありません。彼らはLINEの返信が遅いだけで、会って話す分には対応は決して悪くないはずです。

パターン2:LINEが苦手

LINEのアカウントは一応持っているけど実はLINEが苦手、という男性は少なくありません。
この手の男性は「LINEのアカウントが無いと連絡先交換が面倒」という理由でLINEアカウントを持っているだけ。
それでコミュニケーションを楽しもうという意欲はありません。メモ帳みたいなものです。

知り合ってすぐの期間は遅いなりに返事が返ってくると思います。しかし、その内に返事が来なくなる可能性が高いのもこのパターンの男性です。

もしあなたがその男性と関係を深めたいと思っているのでしたら、早い段階でLINE以外の連絡手段を確保するのがおススメです。

「連絡はLINEじゃない方が良いですか?」
「普段の連絡は何を使っていますか?」

などと聞いてしまうのが良いでしょう。

「LINEで大丈夫」という返事であれば、このパターンではないか、縁が無いかのどちらかでしょう。

パターン3:単純に忙しい

社会人の男性であれば、勤務中はスマホが見れない、残業も多い、という可能性があります。
深夜や早朝しか返信が無いというのはこのパターンかも知れません。

同じように仕事が忙しい女性も多いと思いますが、女性の場合は仕事の合間にお手洗いでちょっとLINEを、と手軽に器用にこなします。しかし、一方で男性はそこまで気が回らなかったり、オンとオフのものを同時進行させるというのは大の苦手です。

このパターンは返信直前まで既読になりませんので、時間が無かったんだなとか、仕事に集中していたんだなとある程度見極めができると思います。オフタイムになって既読になりさえすれば返信は早い方が多いようです。

いずれにしても焦らずゆっくりと

LINEでのやり取りは文字だけですから、直接会って話すよりも関係の進展はどうしてもゆっくりになります。
いつでも読めて、いつでも返事ができるのが文字でのやり取りの良いところ。

でも、その分、 相手からの返信が遅いと不安になってしまう気持ちは分かりますが、あまり考え過ぎずにゆっくりと関係を作っていくのが良いのではないでしょうか。

実際に二人で会う時間が増えれば、LINEの会話は重要性を持たず、連絡ツールとして活躍するようになります。
そこまでは、LINEに頼り過ぎず、焦り過ぎず、 ゆったりと構えて活用してくださいね。

著者:水野 真由美

新着コラム