公開日: 

結婚したいと思わない男女が増えている!その意外な理由とは?

bear-1532323_1280昔の日本では、適齢期を迎えれば誰もが結婚するのが当たり前でした。しかし、今日ではあえて独身を貫く人が増えており、未婚率も年々増加しています。それは何故なのでしょうか? アンケートなどから明らかになった主な理由を元に、その複雑な心理を分析してみましょう。

「結婚したいと思わない」主な理由

日本生命保険が実施したアンケートによると、現在未婚で今後も結婚する予定がない男女の「結婚したいと思わない理由」として、次のような回答が得られたということです。

<1人でいるのが好き>
回答の中で、男女ともに最も多かったのがこの意見。一度自分だけの自由な生活を経験してしまうと、今さら誰かと同居して気を遣いながら暮らすのは億劫になるのかもしれませんね。

<結婚にプラスのイメージが持てない>
女性の回答として多かったのがこの意見。先に結婚した友人が苦労している姿を見ていたり、身近に「この人なら」と思えるような男性がいなかったりして、今の生活を捨ててまで結婚するメリットが見つからないのですね。

<経済的な不安がある>
男性の意見として多かったのがこの回答。なかなか収入が増えず、いつリストラ対象になるのか分からない時代では、家族を持つことを躊躇してしまうのも仕方がないのかもしれません。

思い込みを捨てて、前向きに行動してみよう

結婚というのはとかくイメージに左右されがちなので、たまたま周りに幸せな家庭を築いている人がいない場合はなかなかその気になれないかもしれません。しかし、その一方で、誰もが羨むような結婚生活を送っているカップルもたくさんいるのです。バツイチの人が再婚したいと思うのも、結婚の良い面をちゃんと知っているからですよね。

結婚は、生活を安定させてくれるだけではなく、人生をとても豊かなものに変えてくれます。もちろん、家庭を持つことで自分だけの時間は減ってしまうし、独身の時とはまた違った悩みも生まれるでしょうが、それもまた人生の醍醐味。結婚するまでは知らなかった様々な喜びが、あなたを包み込んでくれます。

収入の面で迷っているのなら、夫婦で共働きをするという選択肢もあります。一歩踏み出してしまえばたいていのことはなんとかなるので、思い込みを捨て、結婚に向けて前向きに行動してみましょう。

おわりに

結婚生活には、良いことばかりではなく、つらいこともたくさんあります。それでも結婚する人が多いのは、それ以上にメリットや心の安らぎが大きいから。1人の気ままな生活も良いけれど、家族みんなでわいわいとにぎやかに暮らすのも楽しいですよ! 喜びも、悲しみも、お互いに分かち合って共に成長していきませんか。

著者:水野 真由美

新着コラム