著者:ラブライフバランス研究所編集部

もしかして相手は既婚者?不倫にはまらない為に気を付けたいこと

「彼が結婚しているなんて知らなかった・・・。
でも、知ったからって、もう別れられない・・。」

そんな風に、不倫の恋にはまっていく人は少なくありません。
今や、男性が既婚で女性が未婚というだけでなく、女性が既婚者という不倫も増えています。

しかし・・・・不倫は立派な不貞行為。

表沙汰になれば、本人も相手も一瞬にして社会的な信用を失い、両方の家族や親兄弟にまでその影響は及びます。何より、周りの大切な人に二度と忘れられない深い傷を心に負わせてしまうのです。

それを頭においておけば、みずから不倫にはまり込んでいくことは少なくなるとはいえ、既婚者と気づかないパターンも多いので、不倫経験者から聞いた「もしかしたら既婚者?」と疑うべき大切なポイントをお話します。

既婚者!?と疑うべきポイントはこれ!

1.自宅や勤務先を教えてくれない

不倫経験者のほぼ全員が一番にこれを挙げてきました。
実家だから、とか、会社の寮だからとか、そうなんだ、と一瞬納得できそうな理由をつけますが、だからと言って場所を言わない、話をすぐ変えるというのも変ですよね。
勤務先も同じくで、お付き合いしている相手の自宅も勤務先も知らないのは、とても不自然だということに気付きましょう。

2.すべて「自分都合優先」のお付き合い

「必要なときはこちらから連絡する。忙しいから電話やメールは出来ない。」「メールや電話は嫌い。週一回でよくない?」「土日はオフにしたい。出かけたり人に会ったりしないと決めてる。」など、とにかく「自分都合しかない」付き合い方。
こちらの希望や都合はお構いなしです。
そして、絶対譲らない、融通を効かせてもくれないというのは、怪しい振る舞いでしかありません。

3.友人や同僚など周りの人と会わせない

友人や同僚など自分の周りの人間に、けして会わせてくれない、もしくは会わせてくれても友人らしき人一人だけ、またその時もプライベートな話が殆ど出ない、というのも疑うべき特徴です。

プライベートを近づくほど、情報が漏れやすくなりますから、大きなリスクを背負うことになるので絶対避けてきます。

違和感は放置しないことが大切!

冷静に考えてみれば、おかしなことばかりです。
しかし、好きになってしまうと、どうしても好意的に見てしまうので、何を言われても、彼なりの都合や考えがある、そういう習慣なのね、など、自分で自分を納得させてしまいがちです。

ただ、いくら惚れ込んでいたとしても、上記のような行為は、必ず、一瞬、ん?と違和感があるはずです。
その時は放置しないで、嫌われることを恐れないで、突き詰めることは大切です。

自分の人生は自分でしっかり守って、無駄な時間を費やさず、幸せな恋愛の中で、結婚相手を見つけてくださいね。

カテゴリーコラム | 未分類
関連ワード | |