公開日: 
著者:ラブライフバランス研究所編集部

結婚相談所と結婚情報サービスの違いって何?相違点やメリット、デメリットを解説

婚活を始めようと思うときに最初に悩むのが、どの婚活サービスを利用するべきかということでしょう。
「結婚相談所」「結婚情報サービス」「マッチングアプリ」「街コン」など、様々なサービスがありますよね。

婚活を謳うサービスには「結婚を前提としているお相手と出会える」・「身元の保証がしっかりしている」などの特徴がありますから、是非上手に活用したいところです。

しかし、「具体的に何をしてもらえるの?」「どのサービスを利用すれば良いかわからない」など疑問も多く、一歩を踏み出せない方も多いのではないでしょうか。

そこで今回はご質問の多い「結婚相談所と婚活情報サービスの違い」についてご説明しましょう。

「結婚相談所」と「結婚情報サービス」は別もの

今の時代の「お見合い」は、ネットを介し多くの方の中から希望に会うお相手を検索できるサービスが主流ですが、その仕組みは大きく2つに分かれます。
まず知っておいて欲しいのは「結婚相談所」と「結婚情報サービス」は異なるものである、ということです。

結婚相談所は、個人情報が保護された会員制のシステムであるため、具体的な内容があまりオープンになっておらず、分かりにくい部分もありますよね。

そこでまず、結婚相談所について簡単に説明したいと思います。

「結婚相談所」とは

カウンセラー(仲人とも言います)と呼ばれる人が、お相手を探してくれる、または自分でネットのデータベースの中からお相手を探す事ができるサービスです。

ネットで自分で探すといっても放置でなく、どんな人がいいのかや、上手くまとまらないときの視点の置き方のアドバイスなど、お相手選びの段階からカウンセラーが介入してくれます。

そして、お見合いが成立すれば、カウンセラーが日程の調整や場所の手配、当日の緊急対応や交際可否の確認、連絡先交換の手配まで全て対応してくれます。更にお見合い後も、交際の進捗確認や悩み相談、お相手との様々な橋渡しをしたりと、出会いから成婚に至るまでサポートします。

「結婚情報サービス」とは

結婚情報サービスとは、ネットのデーターベースから自分でお相手を選んで自分でコンタクトし、お互いのやり取りの中で、会いたいねという話になったら、二人で日程調整や場所の決定、交際の開始、終了、結婚に至るまでお相手と二人だけで進めていきます。すべて自分でやらなければなりませんが、その分結婚相談所と比べると安価です。婚活アプリも基本的にはこのシステムです。

一部にはサポートが付帯しているサービスもありますが、結婚相談所ほどの丁寧なサービスは無いのが一般的です。

以上のような違いから、「結婚相談所」「結婚情報サービス」はそれぞれ以下のような方に向いています

「結婚相談所」が向くタイプ

・しっかりサポートして欲しい方

・自己判断で相手と会ったり、交際や結婚の可否を決めるのが不安な方

・日程の調整や場所の手配などが面倒な方

・どんな人が自分に向いているのか、どんな人と出会いたいのかなど明確でない方

・はっきりしない交際が続いたりタイミングを逃したりしくたない方

「結婚情報サービス」が向くタイプ

・安価に済ませたい方

・人が仲介するのがわずらわししい方

・トラブル対処など自力で出来る方

・結婚したい相手の条件がはっきりしていてブレない方

「結婚相談所」は具体的に何をしてくれるの?

もう少し詳しく「結婚相談所」のサービスについて説明しましょう。

今は「お見合い」といっても、仲人が勝手にお相手を見つけてくるパターンは減っており、結婚相談所同士のネットワークを利用して数万人単位の候補者の中からお相手を自由に選ぶことが出来ます。その点は「結婚情報サービス」や「婚活アプリ」と同様です。

しかし実際は選べばそれですぐ会えるような単純なものでなく、理想を求めれば求めるほどお見合い自体が成り立たないなどの難しさもあります。

そんな時結婚相談所であれば、プロの視点から、「あなた自身」をしっかり見つめて「その選択が良いのか悪いのか」「なぜ会うに至らないのか」などアドバイスしてくれます。

無事にお見合いが成立した後や、交際が滞った時、結婚まで今一歩進まない時など、あなた自身としっかり向き合ってくれます。結婚相談所のカウンセラーは、あなたと二人三脚で結婚を目指して進んでくれる最大のサポーターであり、その道のプロフェッショナルです。

この点が結婚相談所とその他のサービスが大きく異る点なのです。

何歳になったら結婚相談所を利用すべき?

早ければ早い方が良いのは間違いありません。
なぜなら若いほうがお相手となる独身の異性がたくさんいるからです。やはりお相手の母数と結婚率は比例します。

とはいえ、20代だとお見合いが成立しやすいことから、もっと良い条件の相手がいるのではとついつい欲を出してしまったり、まだまだのんびりしても大丈夫なのではと余裕を持ってしまいズルズルと婚活を続けることになるデメリットも。

そう考えると、分別も付き、自分の身の丈も理解した30代前半くらいが一番良いスタート時期とも言えます。30代後半に突入すると、「お見合い成立」が難しくなってきますのでこの時期を逃さないことです。

結婚相談所はどうやって選べばいいの?

結婚相談所は何を基準に選べば良いか分からない、という方も多いでしょう。そんな方のために、選び方を少しだけご紹介しましょう。

結婚相談所には、入会金が高額、反対に 成婚料が高額と大きく二タイプありますが、後者がおすすめ。お見合いは実際にやってみないと向き不向きが分かりませんから、入口のハードルは低い方が失敗がありません。
また成果(成婚)を出して初めて相談所は対価(成婚料)を受け取るという仕組みのがカウンセラーも頑張ってくれます。

そして、全体的に安価過ぎると自分自身が「お見合い」に真剣に向き合えずに続きません。
きちんと投資して、投資したからには結果を出すというモチベーションが実はお見合いの成功の大きなポイントです。
弊社もキャンペーンなど行いますが、安く入会した方ほどズルズルしてしまう傾向は顕著です。

そして何より大切なのは、結婚に対する考えや想いを分かち合い緒に歩んでくれるカウンセラーと巡り合うことです。

人と人ですからやはり相性はあります。

どの結婚相談所にも「無料相談会」が用意されていますから、気になる相談所には積極的に足を運んでみましょう。

入会に至らず話を聞くだけでも、結婚に関する世の中の現実や同世代の動きが見えてきて、自分のこれからが具体的にイメージできます。

そして、このカウンセラーとなら気が合いそう、思ったことを素直に伝えられそう、背中を押してくれそう、冷静に話を聞いてくれそうなど、「自分がこうして欲しい」と思う事を叶えてくれそうなカウンセラーと巡り合うまで探してみましょう。
それが婚活の成否を決めるといっても過言ではありません。何事も誰と組むかは非常に重要です。

強引に入会を迫られたらどうしょう……など、ご心配な方は、まずはホームページやブログなどを読んでみて、人柄が伝わってくる相談所を選んでみたり、パーティーなどを開催しているようなら、覗いてみてもよいでしょう。

あなたの大切な一歩を親身になって支えてくれるカウンセラーをぜひ見つけてみてくださいね。

カテゴリー婚活コラム
関連ワード | |