公開日: 

婚活は家庭的な女性が好まれる?結婚したい男性の本音は?

女性の社会進出が進み、結婚後も仕事を継続する女性が増えてきました。
そのような社会状況の中、婚活中の女性にとって気になることの一つに、結婚後の家事をどの程度女性がすべきかという問題があります。
婚活中の男性もやはり家庭的な女性を好むのでしょうか。

実は最近はそうとも限りません。
一人暮らし歴が長く、仕事と家事を両立している男性も多くいますし、全般的に女性に対して特別に家庭的であることを求めすぎない傾向になってきました。

特に仕事をバリバリこなしている男性は、女性が仕事を持つことに理解がある方が多く、稼ぐ男性ほど稼ぐ女性を好む傾向を婚活の場で強く感じています。

つまり、 二人でしっかり稼いで、家事や子育ても分担していこうという男性が増えています。

ただし、それは、男女が家事や子育てに対等に取り組もうということであり、女性が家庭に無頓着で良いということではありません。
仕事の量や得意不得意によって、うまく家事や子育てを分担していく必要があります。仕事さえできれば家庭的な面がなくて良い、ということではありません。

家庭的な面もあり、お互いの仕事に理解があり、仕事と家庭をうまく両立していけるのがもちんベストですが、そこにはやはり努力が必要です。
自らの努力があってこそ、相手にも求めることが出来ます。
そして、相手の努力に対する感謝や敬意があるご夫婦は女性にばかり家庭の負担を強いることなく上手くこなされています。

家庭的であることよりも、仕事と家庭のバランス感覚と、お互いにしっかり向き合う努力が出来る女性が求められています。
それは男性にも言えることです。

結婚後の女性の生き方がより自由になり、男女差が無くなってきている時代ですが、結婚後も仕事を継続したい、家事を分担したいという方は、きちんと話し合い、お互いの意思を理解し行動に移せるベストパートナーを見つけてくださいね。

著者:水野 真由美

新着コラム