公開日: 

ノリも違えば目的も違う! 合コンと婚活パーティーを同じ「出会いの場」と考えないように気を付けよう

出会いの場といっても、実にいろいろと存在します。

合コン、趣味の集まり、セミナーなど学びの会、SNSなどで呼びかけて集まるオフ会など、どれも「異性との出会い」はありますが、参加する方も目的もさまざま。

異性が参加するからと、単純に「婚活になる!」と思っていると、勘違いや手痛い失敗になることも多々ありますからその、違いや気を付けたいことを把握しておきましょう。

婚活パーティーと他の出会いの場の違いとは?

一言で説明すれば「独身限定・良い人に出会えたら結婚を見据えた交際に進んでいくのが婚活パーティー」で「既婚未婚混在・友達や仲間、恋人ができればラッキー」なのがその他のイベント。

目的も参加者も異なるので、この違いを意識しておかないと、いつまで経っても結婚にはつながらず、時間だけ費やしてしまいます。

婚活パーティー参加の時、気を付けるべきこと

先にも書いたように「婚活パーティーは結婚を見据えた出会いを求める場」。

ですから、当然そういう気持ちで参加しないと相手との間に温度差が出てしまい、白けてしまうのは必至。
そうならない為にも以下のことは注意しておきましょう。

1)親しみと慣れなれしさは違います 度を過ぎないこと

合コンなどでは、飲んで騒いで、ノリノリで楽しむのが「フレンドリー」と受け止められることもありますが、婚活パーティーのような場ではあまりに「馴れ馴れしい」と軽い・品が無いと感じられることも。
遊び相手と結婚相手は異なります。TPOをわきまえた振る舞いを。

2)自己主張しすぎない やたらと仕切らない

合コンなどではリーダーシップを発揮して場を盛り上げたり、仕切る役回りが好まれますが、婚活パーティーは、主催者が場を仕切ってくれますので、主催者を遮ってまで仕切り始めるのは好感度を落とします。
リーダーシップのある人は主催者に物足りなさを感じることもあるかもしれませんが、場の流れに従う寛容さのがこの場合は好まれます。
また、 強い自己主張よりも相手の話を聞く姿勢のが大切です。

3)既婚・未婚の確認 目的意識の確認

婚活パーティーは未婚前提ですが、他の集まりは一応のルールがある場合でも、真剣に考えていない方も多いので、もし出会いを目的に参加するならあらかじめ参加基準をきちんと確認しておくか、会話の中でさりげなく確認しておきましょう。
主婦でも合コンに参加する方もいたりと、不倫のトラブルの始まりはこうした出会いの場からが殆どです。

 

「彼を知り己を知れば百戦殆うからず」の気持ちで挑む

「彼を知り己を知れば百戦殆うからず」とは古代中国の軍師として名高い孫子のお言葉。

その意味は「戦いの場では敵だけではなく味方のことも知っておけば負けることはない」というもので、これは婚活パーティーにも当てはまりそうですね。

相手となる異性と「どんな場で会う」のか、それをきちんと理解した上で、確認すべきこと、自身の振る舞いで気を付けたいことを十分に考える。

婚活として考えるなら、まず初めの一歩は、出会いの場をきちんと選択することからスタートです。
そうすればきっとあなたの婚活はスムーズにスタートするでしょう。

2017/4/22(土)開催!
■30代40代中心の恋活・婚活イベント 独身男女の週末ランチパーティー

https://loveba.jp/events/3040koikastuparty.html

著者:水野 真由美

新着コラム

どうせ結婚するなら玉の輿!でもそれって幸せ!?女性が男性に年収を求めるのは誤り?
おすすめサービス 
【アラフォー男性婚活記その4】マッチングアプリってどんな感じ?マッチング編
おすすめサービス 
 アラフォー男性婚活記 
【婚活Q&A】嫉妬深い彼、結婚をためらいます 36歳女性のお悩み
おすすめサービス 
 婚活・結婚Q&A 

婚活おすすめ情報

2つのコースのお見合いをご用意!成婚者の声を参考に始めてみませんか?
おすすめサービス 
 お見合い 
お見合いをやってよかった!結婚が決まった皆さまの声
おすすめサービス 
 お見合い 
恋愛下手の私が結婚できた!その秘訣を教えます
おすすめサービス 
 相談会