公開日: 

どうせ結婚するなら玉の輿!婚活で年収の高望みをする女性たち

YUKI_kodomookane15144623_TP_V

お金のない生活よりも裕福な生活のほうが嬉しいですよね。
婚活の場においても、相変わらず「高収入の男性限定」のパーティは人気で、女性側の参加者はすぐにいっぱいになってしまいます。 しかし、条件の良い男性は、当然自分も条件の良い女性を探しているので、自分の価値を高めない限り、何度パーティに参加しても上手くいきません。
あなたが望むその年収、本当に必要ですか? 少し、冷静に考えてみましょう。

年収は最低でも600万!?

e9e4e6ea723a6c7202ce773cc7ad48a8_s
「高収入の男性じゃなきゃ嫌!」という人に話を聞いてみると、年収はできれば1,000万以上、最低でも600万~800万はないと困るという意見が多いのです。
では、何を根拠にその数字が弾き出されたのかというと「楽して暮らしたいから、子供ができても自分が働かずにやっていけるだけの収入が欲しい」「欲しいものを買っても困らない生活がしたいから」と、よくよく考えてみたら一方的な理屈が多い・・。
これでは、婚活パーティやお見合いに参加した男性が逃げてしまうのも無理はありません。

また、周りの友人より結婚が遅れていることに焦りを感じ、遅い分条件は良い人と、高収入の男性と結婚することを「一発逆転」と考える人も。
ようやく見つけたお相手が普通の人では恰好がつかないというわけですね。 しかし、このような勝手な考え方はすぐに見抜かれてしまいます。「自分はなぜ結婚したいのか」ということを、もう一度冷静に考えてみましょう。

★年収1000万以上の男性は関東・関西で1700名以上在籍!
 無料相談会でご紹介しています
https://loveba.jp/freeadvice

年収の低い男性との結婚生活は不幸か?

d64ec3e86139b55d0244dc02fe5d1598_s
長く不景気が続いている今の日本では、30歳を超えていても年収が400万前後という男性が少なくありません。
生活費や子供の学費の足しにするため、妻も仕事に出なくてはならないケースが大半でしょう。

では、こうした生活をしている家庭は不幸なのでしょうか?
二人足して600万以上程度の年収が確保できれば十分に家族として暮らしていくことは可能です。
逆に言えば、年収がこの先それほど高くなることが見込めないなら、早めに結婚して暮らすのも、実は貯金が出来るのでお勧めです。

二人で暮らせば、支出は2倍でなく、1.3倍で収まると試算されていますので、奥様の給与の半分は貯金するなど上手にやりくりして30代のうちにマンションを持つ夫婦は少なくありません。

逆に、いくらお金があっても、夫がほとんど家に帰ってこなかったり、心が通じ合わなかったりすれば、とても幸福な結婚生活であるとは言えません。
家庭は夫婦が力を合わせて作り上げるもの。それができる相手となら、収入関係なく幸せになれると思いませんか?

収入以上の何か・・・それを見つけ出すことが出来れば婚活もスイスイと進みます。
でも、いやいやそれなりに無いと・・という方なら、20代なら男性に求めるのは自分より100万くらい上、 30代半ば以上なら、同じ というあたりが現実的なバランスです。 もちろん相手の年齢を10くらい上げることで、代わりに年収は高く望むというのもひとつの方法ではあります。
ただ、いずれにしても600万以上は・・・と思うなら、シビアな話、若さが男性の収入に対する対価になりうることは否めませんので婚活スタートを急ぎましょう。

★お見合いなら自分の希望する条件で探せます
https://loveba.jp/bridal

おわりに

5d2661e0511fabcce5a128e3bfe22812_s
婚活中の女性の中には、将来への不安や見栄などから「高収入の男性をつかまえなくてはいけない」という強迫観念に囚われている人が少なくありません。 しかし、人間の幸せというものはお金があれば得られるのではなく、相手と心が通じ合ってこそ、初めて実現するものです。
また自分の収入が300万で、全く異なる環境の1000万以上の男性との縁は繋ぎにくいし、暮らしぶりも異なればそれはストレスにもなります。

「自分が結婚したい理由」を冷静に見つめ直し、急ぐのもひとつの方法ですし、見方を変えてみるのもひとつの方法です。
いずれにしても、欲求だけにとらわれず、何が自分にとって幸せと感じ、どうしたら自分らしく生きて行けるかを念頭に考えてみましょう。

著者:水野 真由美

新着コラム