公開日:  更新日: 
著者:水野真由美

30代の婚活の成功率ってどれぐらい?男性側の心理を知って対策を!

HOTEL86_koibitorouka20150220232157_TP_V
婚活パーティの女性の成功率はおよそ60%前後と言われていますが、この数字の中には20代の人も含まれているので、30代に限定すればかなり低めになると予想されます。 この数字をどう見るかは人それぞれですが「成功者」の中に入っている人がそれ相応の努力をしたことは間違いありません。
男性側の事情や心理を知り、幸せな結婚への足がかりをつかみましょう!

婚活に臨む、今時の男性心理

7324012bf3434a7f263958c02b9bd052_s
一昔前までの日本では「男子厨房に入らず」という風潮がまかり通っていましたが、晩婚化が進むにつれ、一通りの家事も器用にこなせる独身男性が増えてきました。 ですから、婚活で相手の女性に求める条件も「家庭的で料理のうまい人」から「共働きで一緒に家計を支えてくれる人」に変わりつつあります。
長く景気の良くない状態が続き、年収も頭打ちの状態では、専業主婦でいてもらうわけにはいかないのですね。

また「草食系男子」という言葉が流行っている通り、自分から女性にアプローチすることが苦手な男性が増えています。 お目当ての男性がこのようなタイプの場合は、だらだらとデートを繰り返すだけで、なかなかはっきりしたプロポーズが聞けないことも多いので、女性側が積極的にリードする必要が出てくるでしょう。

男性を温かく癒しつつ、肝心なところではきちんと手綱を操れる。そんな女性は婚活の進展もスムーズなのは確かです。

都心の婚活パーティは男性不足のところも・・・

cb4950c768c58acb7a56294392292366_s婚活パーティの会場を覗いてみると、女性6:男性4といった感じで、女性が多いケースも少なくありません。
特に都心は30代以上になってくると婚活人口は女性が常に多い状況です。

男性が減ってきてしまう理由は・・・

<仕事が忙しくて婚活どころじゃない>
近頃はどの会社も不景気で人件費削減で社員1人あたりの仕事量が増える傾向があります。 毎日遅くまで残業し、休日出勤を繰り返している男性も少なくありません。疲れ切ってしまい、婚活どころではないという声もよく聞きます。

<今の生活でも悪くはない>
「自分の生活ペースを乱されたくない」という理由で、結婚を渋る男性も増えています。ネット・ゲーム・snsと、個人で十分楽しめるツールも豊富にあり、リアルで深いコミュニケーションを求めない人も増えてきました。その傾向は男性がより強く、結婚に魅力を感じない人が多くなりつつあります。

<家族を養う自信がない>
年収がなかなか上がらず、これも結婚をためらう原因となっています。 年金問題などの不安もあり、自分が家族を養うという自信が持てないのです。

婚活を成功させるためのポイント

9058ac2f48ae870249e3aab2d54761b1_s

結婚を実現させるためには、こうした男性側の気持ちや事情を理解し「結婚しても大丈夫!」という自信を持たせてあげなくてはなりません。

婚活パーティで参加者の男性と会話をする時は、まずはコミュニケーションが楽しいと思ってもらいましょう。難しい話は必要ありません。笑顔を絶やさず、世間話が出来ればOKです。
そして、結婚観の話になった時は自分も仕事を続けて家計を支える覚悟があることをはっきり伝えてあげてください。

専業主婦を希望する女性の場合は、自分も相手からそれなりの条件を求められることを覚悟しましょう。 年齢、ルックス、家事能力も問われるでしょう。 男性の学歴が高いほど、将来子供を持つことを考えて、女性の学歴を重視している男性も多く見受けられます。
遺伝的にということでなく、そういう環境で育ってきたか(大学まで進学させる家庭環境・お受験の経験があるなど)はしっかり見ています。

おわりに

40b30dcbe637a4a623fc9484f11cc871_s
上記にあげたことはややテクニック論的ですが、婚活の成功率を上げるためには、男性側の心理や事情を知ることはやはり大切です。
その上で会話を重ねお互いの考えを話し合い、不安に思うことがあれば前向きに解決していきましょう。
もちろん女性側だけでなく、男性側にも女性の心理を知る必要があります。 ただ、どうしても都会は女性過多なので、女性が賢く立ち振る舞うことが結婚に近づく一歩でもあります。

カテゴリーコラム | 未分類
関連ワード | | | |