公開日: 

恋愛期間が空くほど結婚は遠のく・・・アラサーを過ぎたら注意を!

いざ、「彼が欲しい」「出来るだけ早く結婚したい!」と思い立っても、すぐに都合よくみつかるものではりあませんよね。

アラサー以上になると、一度別れてしまうと、次のお付き合いが始まるまで2.3年かかったり、場合によっては5年以上空白が出来てしまうのも珍しくありません。
別れてもまたすぐに恋が始まると思いきや、恋愛が始まるまでの期間や、お付き合いの相手が変わるサイクルは年齢と共にどんどん長くなっていくのです。

アラサー以上になると10年以上お付き合いしていないという方も珍しくありませんし、婚活を始めて10年ぶりに彼氏が出来た!ということも普通に起こります。

もちろん、すぐに付き合ってしまうのも時に問題もありますが、これだけ間が空くということは、自分の周りに相手もチャンスも無いということ。
そして、独りが当たり前な環境に慣れてしまうと、どんどん結婚は遠ざかってしまいます。

その解決方法を考えてみましょう。

出会いの環境は自ら作るのがアラサーです!

20代前半くらいまでは、学生時代の付き合いの延長に加えて、社会に出たことで同世代以外の出会いも一気に広がり、お付き合いも始まりやすい環境にあります。それに、20代のうちなら、合コンや街コンも気軽に行けますし声もかかります。

しかし、そうして始まったお付き合いが数年で壊れてしまったとき、改めて周りを見回すと、学生時代の仲間は結婚していたり疎遠だったり、職場は馴染んだ顔ばかりで新鮮味が無く、合コンにも誘われないなど、一気に環境が変化していることに気づきます。

こうなると、自力で出会いを見つけるしかありません。すぐに、様々な集まりや、婚活パーティーやお見合いに積極的になれれば良いのですが、「また出会いはあるはず! 」と、立ち止まり続けると、気付いたら彼と別れて早や5年なんてことになってしまいます。

年齢と共に環境が変わって行った10代20代と異なり、アラサーになったら出会いの環境は自分から動かない限り広がりません。
出会いは自分で作ることが「自然なこと」なのがアラサー世代なんだと肝に銘じておきましょう。

元彼は良き思い出に。未練は断ち切るべし!

20代は、気力体力は満ちているし、ドラマティックな展開にも溺れられるしで、記憶に残る恋愛をしやすい世代。アラサーになると理屈っぽくなったり、大人の分別が付いたりで、大恋愛しにくくなってきます。そのため、昔の思い出が美化されやすいという難点が。また、元彼以上の人(性格というよりスペック)でないと相手として不足に感じたり、やっぱり復縁したいと願っていたりと(でも行動はしない)、何年も一人で悶々と費やしてしまうことが少なくありません。

これは全て「未練」と「執着」。
「今」を見ておらず、ひたすら「過去」にすがっている状態です。

未練は自分の意思で断ち切るしかありません。
自分が悩んでいる間に、彼はとっくに次のステージに進んでいることを認めて、吹っ切りましょう。
いつまでも留まり続けると未練だけが募りに募って執着となり、独りの暗い時間が長引くだけです。

自分を次の世界へと連れて行ってくれるのは「過去の元カレ」でなく「今の出会い」です。

意識を変えて「出会い」を作り、あらたな「恋愛期間」を生み出しましょう。
それは自分の行動でしか出来ません。

著者:水野真由美
カテゴリー未分類
関連ワード | |

婚活おすすめ情報

2つのコースのお見合いをご用意!成婚者の声を参考に始めてみませんか?
 お見合い 
お見合いをやってよかった!結婚が決まった皆さまの声
 お見合い 
恋愛下手の私が結婚できた!その秘訣を教えます
 相談会