公開日: 

結婚しない男性は何を考えているのか?あるアラフォー独身男性の場合

2015年の国勢調査によると、男性は約23%、女性は約14%が生涯未婚だそうです。生涯未婚とは50歳になった時点で一度も結婚をしたことがない状態指すもので、少子化対策が急務である日本において、この結果は非常にショッキングなものといえます。
実に男性は4人に1人が、女性は7人に1人が50歳まで結婚をしない社会ということであり、調査は3年前ですから今は更に増加していることでしょう。

こんにちは、アラフォー独身男性のKです。

突然ですが「結婚できない男」というテレビドラマをご存知ですか?
2006年のドラマなので若い方はご存じないかもしれませんが、30歳以上の皆様はご存知の方が多いのではないかと思います。
阿部寛さんが演じる変わり者の中年建築家が美女に翻弄されつつ、いや、美女を翻弄しつつ?、独自の美学に基づいた様々なトラブルを巻き起こすストーリーですが、これが良いんです。

まず各回のタイトルがイイ。

「一人が好きで悪いか!!」
「好きなものを食って悪いか!!」
「好きにお金を使って悪いか!!」
「休日を一人で過ごして悪いか!!」

筆者と同じくうんうんと頷いた中年諸兄も多いはず。

そんなヤツが増えたから生涯未婚率がとんでもないことになるんだ!と言われればその通りですが、さて、では、なかなか結婚しない男性はいったい何を考えているのかをこの記事では少し語ってみたいと思います。

「お前は結婚もせずにいったい何を考えているんだ」とは筆者がよく言われることですが、そんなに気なりますかねぇ・・・。気になります?

1.特段の不満がない

中年というのは大人です。一人の生活も板につき、経済的にも自立し、仕事があり趣味がある。筆者の場合は仕事が趣味みたいなものですが、まあ要するにそれなりに毎日充実しています。結婚をしていないから孤独かというとそういうこともなく、社会に出ている以上色々な人との関りもあります。

現状に不満がないのです。慣れないことをするよりは、今の生活をより昇華させたいと考えているのです。

2.時間がない

アラフォーは男性にとってビジネスにおいて最も忙しい年代。現場を少し離れ管理職になっている男性も多く、大きなプロジェクトを動かしている方も多いでしょう。そしてまだまだ体力もあり趣味にも時間を割きたいという年代でもあります。

お金がそこそこ稼げるようになると、男性は色々と子供じみたことを始めます。2シートの実用性が低い車を買ったり、映像や音響装置にやたらお金を使ってみたり、ものすごいプレミアがついたドラゴンボールのグッズを買ってみたり、妙にカメラにこだわってみたりします。

筆者の場合は最近ゲーミングPCを買いまして、それならばと専用のゲーム用モニターを買い、PS4もproにするかと買い替えてしまいました。もちろんここで終わりではなく、これからゲームを物色する生活が始まるわけですが、おそらく多くの女性には理解されないでしょう。

仕事においては責任のあるポジション、そして子供のころにやりたかったあんなことやこんなことができてしまう環境。アラフォー男性には時間がありません。

3.家では一人でいたい

筆者の場合は高校を卒業した18歳に実家を出て、そこから一人暮らしです。かれこれ約20年一人暮らしをしていまして、つまり人生の半分以上は一人で生活しています。
こうなってくると今更「家に人がいる」という状況がなかなか想像できません。

夜中までゲームをしたり、自由な時間に映画を見たり、果ては今日はもう帰らずに泊ってしまうか、など、一人暮らしは気楽でいいのです。いつドライヤーを使っても大丈夫ですし、リモコン類が予想もしないところに置かれる心配もありません。

家具は全て好きに配置でき、キレイ好きであれば散らかされる心配もなく、掃除に無頓着であればそれを注意されることもないのです。
仕事を頑張って家に帰り、あとは自由な時間。筆者の場合はジムに行ったり、掃除したり、残った時間は好きなゲームを好きにやったりしています。快適だ!

4.別に女性嫌いではない

安パイなのか何なのか、女性の友達はそれなりにいます。もちろん彼女らの多くは結婚していたり彼氏がいたりしますので、口説きたいどうのこうのというのはありませんが、「女性と全く接していないのは不健康だ!」という批判は当てはまらないわけであります。筆者以外のアラフォー独身男性にもこのような方は多いのではないかと思います。

逆説的にはそうやって「ま、いいか」と安穏としているから結婚できないんですということも言えるのですが、本人にしてみれば、特段に女好きではないが女嫌いというわけでもなく、自分は自分で自然にしているのだからそれでいいではないですか、ということになるのです。
ダメですかね?

5.まあでも親にはちょっと申し訳ない

親というものは子の幸せを願うものですから、多くの親は子供に「幸せな結婚をしてほしい」と願っています。私の親も恐らくそうで、それをかなえていないのはちょっと心が痛むこともあります。

とまあ、私の場合はこんな感じです。
うんうん!と頷いてくれた方と、いやこいつはホントだめだな、とあきれ返った方とに分かれたのではないかと思いますが、 要するにアラフォーになっても独身でぼーっとしている男性には、こういうタイプが多いのではないでしょうか。

しかし、私を含めぼーっとしているアラフォー男性も結婚したくないわけではありません。何というか、意識が向いていないだけなのです。
現代の日本の少子化対策の一つのポイントは、こういうぼーっとしている男性をどう結婚に向かわせるかではないかと思います。この手の男性は子供じみていることが多いので、女性からしたら攻略は簡単なはずですが、傍から見ると扱いにくく感じるようで、結果、いつまでも独身貴族を謳歌している方が多いですよね。

ドラマ「結婚できない男」から12年、スマホがありSNSがあり色々なチャンネルで人と濃くも薄くも繋がれるようになりました。「更に一人でも大丈夫な社会」が到来しているわけです。これも独身貴族の増加を後押ししている気がします。
うーん、私含めヤツらはどうすれば結婚するんでしょうね。どうすればいいのでしょう?どうすればいいと思いますか?


水野
ふむふむ・・・納得!と思わず、頷いてしまいそうでしたが、いや、しかし、ちょっと待って!
今しか見えてなくないですか?
このままだと40代半ばを過ぎたころ、もの凄い焦りに襲われる可能性も大!
現に、それで婚活を急いで始める男性は後を絶ちません。

もちろん、人それぞれにタイミングがありますから、思い切り独身を満喫してみるのもひとつです。それに飽きるときも来るかもしれません。
ちなみに、男性が結婚を意識するのは
・子供が欲しくなった
・転勤昇進など仕事に大きな変化があった
・親の病気や介護など家族に環境変化があった
・人生が何か物足りなく感じた
そんな時。
必ずどこかで人生の過渡期が訪れるでしょう。もちろんその時に独身のままでいるか、結婚を考えてみるか、それば本人次第です。

著者:水野 真由美

新着コラム

遠距離恋愛で長く続くコツは?距離を乗り越える3つのポイント!
おすすめサービス 
 婚活恋愛成功のコツ 
復縁したい!復縁を上手くいかせるために気を付けたい3つのこと
おすすめサービス 
 婚活恋愛成功のコツ 
出会いの場で話すのが苦手?異性と楽しく会話が出来るコツ教えます!
おすすめサービス 
 婚活恋愛成功のコツ 

婚活おすすめ情報

恋愛下手の私が結婚できた!その秘訣を教えます
おすすめサービス 
 相談会 
結婚したい!そんな時まずは婚活カウンセラーに相談を。
おすすめサービス 
 相談会 
2つのコースのお見合いをご用意!成婚者の声を参考に始めてみませんか?
おすすめサービス 
 お見合い