公開日: 

お見合い当日の心得 30代40代のお見合い術(4)

 

 

初対面の人と合うときは緊張するものです。

それが異性となると尚更のことで、さらにお見合いとなれば否が応でも強く緊張をせずにはいられないものです。

心の準備も何もないままに挑むと何かしらの「しくじり」をしてしまいかねませんので、お見合いの前に準備しておきたい心構えについてのお話をします。

お見合いの前に確認しておくこと

とにかくまずは、服装や髪型、靴や鞄など、じっくりと自分の全身をくまなくチェックするようにしてください。

①服装には清潔感がありますか?
靴の汚れやスーツのシワ、襟や袖口の汚れ、鞄や時計はくたびれてないかなど確認してください。

②髪形は乱れていませんか?
きちんとカットされていますか。また、整髪料の臭いはきつくありませんか?

③遅刻は厳禁。
お見合い場所は前日に再度確認を。万が一の時の緊急連絡先も忘れずにチェックしておきましょう。

身の回りの確認は意外と時間がかかるものですが、気を抜かずにしっかりと確認してください。
お見合いはホテルのラウンジなどで行うことが多いですから、必ずスーツで。

TPOに合わせたきちんとした身だしなみや振る舞いが出来ているかは社会人としての基本ですし、女性はそうした面を必ずじっくりみています。

また、お相手にすぐ見つけてもらえるように、服装などは、提出したお見合い写真の装いや雰囲気に近いものでコーディネイトしましょう。

お見合いの席で気をつけたいこと

お見合いの席では事前に話すことをキチンと考えておきましょう。
お見合い時間は無制限ではありませんので、聞きたいこと伝えたいことの優先順位を決めておくことが会話をスムーズに行うためのポイントです。

①極力自分から声をかけるようにしましょう。

②笑顔ではっきりした口調で応対しましょう。挨拶も忘れずに。

③お見合いを何回したことがあるのか?過去にどんな恋愛をしたかなどの詮索はタブー。

④会話を弾ませることがまた会いたいか否かの大きな決め手のひとつです。趣味や仕事などプロフィールを元に話題を準備しておきましょう。

⑤相手とフィーリングや会話が全く合わなかったとしても、マナーのある大人の対応を。

⑥相手に対して「もう少し話したい」というくらいの余韻を与えましょう。

お見合い終了後の振る舞いについて

お見合いの場が終わった後も、さっさと退散するのではなく、きちんとした対応を済ませてから場を離れるようにしてください。

「立つ鳥跡を濁さず」です。

なお、支払はスムーズに行いましょう。割り勘せずにお茶代は男性が払うようにしてください。

気を抜かず、それでいて伸びやかな心構えで

お見合いの席では程よい緊張感を保ちながら、気持ちの面では伸びやかさを持って挑むようにしてください。

前者は大事な場であるという認識を高めることで集中力を高め、後者は馴れ馴れしさや図々しさのない距離感での会話を楽しむために大事なこととなります。

そうはいっても簡単には行かない部分でもありますので、自信がないのでしたら事前に家族や相談員を相手に練習するようにしましょう。

 

■コミュニケーションに不安がある方 短期で改善します!
https://loveba.jp/counseling

著者:水野 真由美

最新のイベント情報

【関東】9月30日(土)13:00
週末お茶会 Rushコミュニケーションカフェ
 合コンイベント 
【関東】8月16日(水)~随時
婚活無料個別相談会【東京】お気軽にお越しください
 相談会 
 無料相談 
【関東】8月26日(土)16:00
映画で婚活!第16回「雨に唄えば」 上映&婚活交流会
 シネマ部 

婚活おすすめ情報

2つのコースのお見合いをご用意!成婚者の声を参考に始めてみませんか?
おすすめサービス 
 お見合い 
お見合いをやってよかった!結婚が決まった皆さまの声
おすすめサービス 
 お見合い 
恋愛下手の私が結婚できた!その秘訣を教えます
おすすめサービス 
 相談会