公開日: 

交際からプロポーズまで、行動は男性の側から。30代40代のお見合い術(6)

お見合い後、お互いに交際の意思があればお付き合いがスタートします。
ただしお見合いから始まるお付き合いは、合コンなどの出会いからスタートする交際に比べると異なる部分もあります。

結婚を前提とした交際になりますので、気をつけたい・配慮したい部分も多々あります。事前に確認しておきましょう。

男性主導でエスコートしましょう

お見合い後交際が確定したら、ファーストコールは男性から早めに連絡してください。

連絡する時間帯は深夜早朝などを避けた常識の範囲内で。ただし、相手のお仕事内容によっては、その生活サイクルにあわせるようにしましょう。

なお、最初の連絡はメールで済ませず、きちんと電話で会話をすることが重要です。
今日では生活のあらゆる部分でメール連絡が常套手段となったとはいえ、大事なことは電話でコンタクトを取るようにしてください。親近感が増すというメリットもありますから、是非会話を大切にしてください。

デート費用は男性持ちで!

初めての電話で会う約束をしましょう。そして早めにスケジュールを組むようにしてください。

また会いたい・・と、お見合いの余韻が残っているうちにセッティングするのがベストです。

なお、デート費用は、最初は極力男性側が持つようにしましょう。

結婚を前提とした一生の相手を決める交際です。奮発する必要はありませんが、自分の経済力の範囲で出来ることはしてあげて下さい。女性に、自分が大切に思われている実感を持ってもらうことは、その後の進展に大きく影響します。

プロポーズのタイミングは?

交際が順調に進んだら、3ヶ月あたりを目途に、この先真剣な交際に進めるかどうか判断しましょう。
お互いの気持ちが前向きなら、恋人同志としてお付き合いしていきましょう。
お見合いから真剣な交際に進展したからには、そこから徐々に、相手の親御様に会う日や結婚後の生活の相談、住居、子どものほか、将来の希望を摺り合わせをして、結婚へ向けて具体的な話を進めていってください。

もちろん、三か月を待たず、すぐにでも一緒になりたいという意思が双方にあるときはその限りではありませんが、結婚へ向けての段取りや意思確認をきちんと行うことは大切です。

ダメな場合でも気を落としすぎず、次へと向かいましょう

お見合いを始めたからといってすんなりと相手が見つかるとは限りません。

うまく行かなくても無駄に気落ちせず、リラックスした考えを持ちながら行いましょう。

特にお付き合いが続かない場合は、相性の良し悪しだけでなく、本人の怠慢や、見た目などへの配慮不足、コミュニケーションの取り方が分からない、悩みを相談できる人がいない等の理由で終わってしまう場合も少なくはありません。
交際が終了した場合は相手側からお断りの理由を聞くことも出来ますので、そちらも含めて相談員からアドバイスを受けて次回のお見合いに活かしましょう。

また、スムーズに真剣な交際に進んだとしても、男性はプロポーズや親御様への挨拶といった大仕事が残っています。

そんなプレッシャーに押しつぶされて、交際自体がダメになることもありますので、プロポーズの方法や場所、親御様への挨拶時の服装、手土産、挨拶の仕方なども、気軽にカウンセラーに相談してくださいね。

時期が来たらきちんと決断すること、きちんと話し合いをすること、悩んだらすぐ解決すること、無駄に交際を長引かせないこと、これらをしっかりと意識して、結婚まで進んでくださいね。

著者:水野 真由美

最新のイベント情報

関西【大阪】40歳・50歳・60歳 大人が集う週末ディナー交流会
 合コンイベント 
【大阪/名古屋】12月2日(土)13:00~17:00
婚活無料相談会【大阪・名古屋】12/2(土)12/3(日) 開催
 相談会 
 無料相談 
バツイチさん向け 再婚したい方の為の婚活・結婚相談
 相談会 

婚活おすすめ情報

2つのコースのお見合いをご用意!成婚者の声を参考に始めてみませんか?
おすすめサービス 
 お見合い 
恋愛下手の私が結婚できた!その秘訣を教えます
おすすめサービス 
 相談会 
結婚したい!そんな時まずは婚活カウンセラーに相談を。
おすすめサービス 
 相談会