公開日: 

お見合いに挑むための心構え 30代40代のお見合い術(5)

お見合いとは、紹介を介した1対1の出会いの場です。

婚活パーティーなどのように、複数の方に能動的に話しかけるものとは異なるため、どこか受動的な気持ちになりがちですが、同じように能動的な気持ちが大切です。

とはいえ、まずは写真やプロフィールが判断材料になるため、当人の人柄がいくら良くても最初からそれをアピールするのは難しく、婚活パーティーとは違ったアプローチの仕方が求められます。

そこで、どんな心構えで臨むべきか、お見合いが初めての方も活動中の方も確認をしてみましょう。

しっかりとした下準備を

人柄を知って貰う前に、まずは写真やプロフィールからスタートしますから、イベントなどのように、「一見好みのタイプではなかったけど、話してみたら気があった」というような嬉しいイレギュラーが発生し辛いむずかしさがあります。

そのため、写真やプロフィールは最大限、自分の良さが伝わるものをしっかりと用意しましょう。

しかし、逆に言えばあまりに完璧なプロフィールの相手を求めすぎないことも大事です。
プロフィールだけでは伝わらない、その人の魅力というのはとにかく会ってみないとわからない、ということです。
相手に求めるハードルを高め過ぎず、許容範囲を広げておくことこそ、思いがけない良い出会いを得るための秘訣です。

相手に求めすぎることなく、かといって妥協でもない。自分の身の丈に合うボーダーラインをしっかりと見つけていきましょう。

お見合い相手の選び方について

お見合いする相手を探すとき、下記に気を付けてみましょう。

・10歳以上も年下の相手を選ばない。

・写真の見た目だけに拘らない。

・趣味や環境、収入、学歴など、自分とあまりにかけ離れた方を選ばない。

年齢や見た目などただひたすら理想だけで追うと、いつまで経っても誰とも成り立ちませんし、相手には相手の希望と都合があることを想像してみましょう。
相手の望むタイプに自分はあてはまるでしょうか?

また、会えたとしても全く共通するものが無ければ話が噛み合わないことも多々あります。

写真などの印象だけで出会うと、会ったときのギャップに悩まされることもあるでしょう。

トータル的な視点で相手の雰囲気などを考察するようにしてください。

がっかりしないための心持ちを

お申込みして断られても、落ち込みすぎないようにしましょう。

「そうはいっても・・・」

と思う所でしょうが、

あなた自身がダメ。ということではなく、

・会いたいタイプのイメージとは少し違う

・NGというほどでもないけれど積極的にOKという気分ではない

・他のお見合いで忙しい

・お付き合いに進みそうな人がいる

・仕事が忙しくて会っていられない

・活動自体をしていない

など、お相手にも様々な都合があります。

あまり深く受け止め過ぎず、すぐ次の行動を取れるくらいの心持ちで挑むのが、良い縁を引き寄せるための大事なポイントです。

著者:水野 真由美

最新のイベント情報

イマドキメイクセミナー 全身コーデ編 ~セルフプロデュースでより一層美しく~
 セミナー 
イマドキメイクセミナー~一番綺麗な自分になれるメイクアップを手にいれよう!~
 セミナー 
イマドキメイクセミナー アイメイク編 ~プロのテクニックで新しい自分に出会えます!~
 セミナー 

婚活おすすめ情報

恋愛下手の私が結婚できた!その秘訣を教えます
おすすめサービス 
 相談会 
お見合いをやってよかった!結婚が決まった皆さまの声
おすすめサービス 
 お見合い 
2つのコースのお見合いをご用意!成婚者の声を参考に始めてみませんか?
おすすめサービス 
 お見合い