公開日: 
著者:アラフォー婚活男子K

自分の内面を知れば恋愛も婚活もうまくいく!?6つの要素から自分をざっくりと知ろう

婚活や恋愛をうまく進めるためには、自分の特徴、つまりは個性をきちんと知ることが大切です。
なんとなく婚活がうまくいかない、恋愛が続かないという方は、自分の個性が相手に与える影響をうまく把握できていないことがとても多いと感じます。

自分のことがよくわかるようになると、自分にあった婚活や恋愛の道が見えてきます。

婚活や恋愛で自分が相手からどのような人として捉えられているか知るにはどうしたらよいのでしょうか。

簡単なのは婚活カウンセラーなどプロの目に自分がどう映るか、まずは教えてもらうことです。
とはいってもいきなり婚活カウンセラーというのはハードルが高い、知らない人に何を言われるか不安という方も多いですよね。

そこでまずは、婚活を上手く進めるために必要な6つの要素を自己分析をしてみましょう。
それぞれの要素を見直すことで、改善点が見えてくるはずです。

・話題力
誰かとコミュニケーションを取るときに、自分から積極的に話したい思いが湧いてきますか?
それとも相手の話を聞くほうが楽と感じるでしょうか。
「人と話したいという意欲」が自分の中にあるか。
これはとても重要です。

・感動力
いろいろな物事に喜怒哀楽をしっかりと感じていますか?
話すことがないと感じる方は、心の感動が薄くなっています。
自分の関心のあることにしか心が動かない、人の話を聞いても、ふーんとしか思わない・・・
これでは人とコミュニケーションを深めることはできません。
この心の豊かさがないと、会話したい意欲もわかず悪循環です。

・尊重力
相手の話を素直に聞いていますか?
相手を説得しようとして話していませんか?
自分と意見が違っても、知らない世界の話をしていても、間違っているとか関係ないとか思わず、相手には相手の世界や都合があると考えていく気持ちが必要です。

・共感力
相手の喜びや悲しみを自分のことのように受け止められていますか?
事実より気持ちを見つめていますか?
事実を淡々と話す会話は理屈っぽく、いつまでも親近感がわかず気持ちが寄り添いません。

・表現力
楽しい、悲しいなどの感情が素直に表情に出ていますか?
気持ちを表に出すのが苦手という方は多く、結局相手に理解してもらえず自信がなくなり、ますます自己表現が下手になるという悪循環に陥りがちです。
特に感動力が低い人は表に見せる感情自体が希薄なので、分かりにくく取っ付きにくい印象になってしまいます。

・交際力
身近な人以外の別の世界へと自分を押し出していく意欲はありますか?
身近な環境で結婚対象が見つかれば何よりですが、そうでない時は人とつながっていく意欲がとても大切です。
人と繋がる楽しさを喜びを感じる力を持つことは婚活の基本です。

このように、この6つの項目の得意不得意を見てみると、婚活や恋愛における自分の特徴がある程度見えてくると思います。

例えば、話題力と感動力は高いけど、尊重力には自身が無いな、という場合は、まずは自分の意見は押さえて相手の話をじっくり聞いて見るところから始めてみましょう。

漠然となんとなく上手くいかない・・と考えているだけではあっという間に数年を費やしてしまいます。
時には冷静な自己分析が必要です。

ちょっとした気付きで、婚活も恋愛もうまくいくものです。
一度自分の内面的な特徴について考えてみることをおすすめします。

「感動力」「話題力」「尊重力」など12の指標で個性を分析し、
その人の個性に合わせた最適な婚活方法を丁寧にアドバイスします!
カテゴリー診断コラム
関連ワード | |