公開日:  更新日: 
著者:ラブライフバランス研究所編集部

結婚に近づくコミュニケーション力とは?恋愛に必要な心の要素を知ろう

婚活という言葉が生まれてしばらく経ちますが、相変わらず「結婚相手が見つからない」「恋が出来ない」「交際が続かない」など多くの悩みが聞こえてきます。
巷には恋愛マニュアルも溢れていますが、それをお手本にしてみても簡単には行かないのが現実です。

大切なのはコミュニケーション力ですが、恋愛におけるコミュニケーションで大切なのはどのようなことでしょうか。
この記事では恋愛力を上げるコミュニケーションについて解説します。

1.恋愛マニュアルを読んだり出会いの場に行くだけでは不十分!

恋愛のコミュニケーションがうまくいかないのはズバリ言えば「自分で自分のことが分かっていない」から。

自分は相手にどんな人として映っているのか、自分が思っていることと行動は一致しているのか、相手の発言や考えを正しく受けてめているか・・・それらが分からずして、恋愛の悩みを解決するのは至難の業です。
「私の何がいけないのでしょうか?」と言う方はとても多いのですが、本当は誰しもが、相手や環境のせいでなく答えは「自分の中にある」ということに気づいています。

しかし他人の事は冷静に判断できても、自分を客観的に見つめ、問題点を知り、解決していくのはとても困難な作業です。結局マニュアルや占い、スピリチュアルに頼ってしまうのは、自分のことがわからず答えが見つからないから、誰かに、自分はこんな人、自分はこうなる、と言って欲しいからでもありますよね。

 

人は

・自分も他人も良く知っている姿

・自分は知っているけれど他人には隠している姿

・他人は気づいているけれど自分自身は気づいていない姿

・他人も自分も知らない姿

この4つの自分を持っています。

 

それを認識しないことには、他者と偽りのない親密な関係性を築けません。

私は相談者さんに「他人は気づいているけれど自分自身は気づいていない姿」をまず認識してもらいたいと考えています。
見た目なんかは、「それよりこちらのが似合う」という感じで、伝えやすいし本人も認識しやすいのですが、立ち居振る舞いや考え方、人との接し方などになってくるとそう簡単にはいきません。

恋愛のコミュニケーションに自信がないな、という方は、自分を客観視するためにコミュニケーション診断などを利用するのがおすすめです。

 

2. コミュニケーション力を診断するとはどういうこと?

コミュニケーションと言うと「会話」と思われがちですが、それ以外にも12の視点での分析が必要です。
例えば主な6つを挙げてみましょう。

自分が何を楽しいと感じ、何を悲しく思うのかという感受性の幅、つまり心の中の【感動】を認識し、それを言葉に乗せて【話題】として相手に伝え、言葉や表情や立ち居振舞いで【表現】していく。

そのためには独りよがりでなく、相手を【尊重】する心や、相手の喜びや悲しみに【共感】する力も欠かせません。

人と人との絆はそんな風に【交際】を重ねていく中で育まれていきます。

これらは全て「コミュニケーション」です。
それをどのような配分、また、強弱で持ち合わせているか、それが「個性」です。

自分の個性を知ることで、より自分にあったコミュニケーション方法を探るのが分析の目的です。
分析と言うと無機質な感じがしますが、「ありのままの自分」を分析することは、心の在り方や潜在的な意識や能力を知ることでもあり、それを正しく生かすことが望む未来を引き寄せる力となります。

3.まずは「感動力」、心の豊かさを意識しよう

「感動力」は会話を楽しく弾ませるための心の豊かさ、活発さのこと。

感動力が高い人とは、つまり感受性が豊かで、ありふれた日常の中にも驚きや喜びを見出せる人。話したいこと・伝えたいことが日々心に蓄積されるので自然と話題も豊富になり、雑談にも強くなります。会話も弾みますから、相手との親密さも高まり易いのです。

一方感動力が低い人は、自分の興味関心事に捉われて自分の世界に閉じこもりがち。話題の幅が狭まく、何が飛び出すかわからない雑談を介して多くの人と心を交わすのは苦手。しかし、一つの事を掘り下げる専門家的な気質や拘りの深さが魅力となることも少なくありません。

高い人はイベント・お見合いなどオールマイティー。
低い人は得意なフィールドで勝負しないと、つまらない・影が薄い、という結果に。

自分は感動力が低いな、という方は日常の些細なこと、天気が良いとか、ご飯が美味しいとか、まずはそのようなことから意識して自分の心の動きを見つめてみるのはいかがでしょうか。少しずつ感動力が備わっていくと思います。

恋愛に必要な5つの要素

最後に簡単に、恋愛に必要な5つの要素をご説明しましょう。

・「話題力」感動力をベースとして他者と楽しい会話を成り立たせるための基本スキル。

・「尊重力」自己の考えだけに捕らわれず相手のことを思いやり、他人を認める姿勢。恋愛にはとても重要!

・「共感力」相手の心に寄り添い、喜びや悲しみを受け止める力。理屈より気持ちで動けることですね。大恋愛出来るのはこの共感力が強いタイプ!

・「表現力」気持ちを素直に感情表現できる力。大人はこれが難しい。表面的なだけで実質は出来ていない人ばかり。

・「交際力」他人や世界と繋がり自分の枠を押し広げようとする意欲。年齢とともにこの意欲が欠けるのが婚活が困難になる理由の一つ

 

各要素を分析することで、自分の良い点も悪い点も認識し、他者に対してどうあるべきか、またどういう人と相性がいいのか、把握できます。
詳細に分析してみたいな、という方は、是非ラブライフバランス研究所の「恋愛力結婚力診断」をお試しください。

マニュアルを読み続けても、それがあなたの個性に適切なアドバイスであるかは分かりません。
いくら会話術を学んでも、想定外のシーンに出会ったり、随時変わっていく相手の気持ちを掴むことができなければ、親密にはなれません。

結婚とは、相手とのコミュニケーションの蓄積のうえに成り立つもの。

自分を理解することが、遠回りせず、理想のパートナーと出会う唯一の方法なのです。

カテゴリーコラム
関連ワード | | |