公開日: 
著者:ラブライフバランス研究所編集部

友達以上恋人未満から進展したい方へ。「夏」に大切なキーワードとは?

まずは質問です。
結婚が決まったカップルに「一番心に残る季節は?」と質問をすると「春」「夏」「秋」「冬」のどれが多いと思いますか?

 

 

答えは、「夏」。

意外ですか?

さて、なぜ夏なのでしょう。

ヒントは「共通体験」。
2人の心にインパクトを残し、お互いを大切な存在に押し上げるのに大切なのは、一緒に過ごした特別な時間の記憶なのです。

夏の解放感、
野外や海で健康的に過ごす爽快感、
花火を見て同時に綺麗だと感じる共有感、
旅先の非日常的なワクワクする幸福感、

このような前向きで明るい気持ちを共有すること、つまり「共感」が2人をぐっと近づけます。

もっと身近なところだと、たまたま見た映画が同じで「とても感動したよね!」なんて感情が一致すると、いきなり距離が縮まりますよね。

人の心は結構単純。
相手が自分と同じ思いを抱いたことにとても安心感と親しみを覚えます。
ただの友達から、感情を共有できる相手として一歩進むことが、特別な関係を築く始めの一歩です。

遠くから想っているだけでは何も始まりません。念じて通ずる、なんてことはないのです。

そう、「モノより思い出」(いいコピーですね!)。
まず同じ思い出を作ることが大切です。

もちろん暗く悲しいものでなく、暖かく前向きな、そして優しい気持ちになれるような思い出を少しずつ重ねていくこと。

夏はそんな家屋を沢山重ねるのに持ってこいの季節です。

夏は自然と沢山のイベントが増えてますし、休暇の時間も多くあります。
まずはグループ同士でもいいので気になる人をどんどん誘い出し、同じものを見て、感じて過ごす時間を積極的に作ることが肝心です。

恋愛は相手の心に深く入り込んだ人が勝ち。
今年の夏は気になるあの人と「感情の共有」をキーワードに少し頑張ってみませんか?

カテゴリーコラム | 未分類