公開日: 

自分らしい恋をするために大切な3つのこと

「自分らしい恋」とはなんでしょうか。

それは、

無理せず、素直に、生き生きと恋が楽しめている、ということ。

そんな「自分らしい恋」を実現するためにはどうすればよいのでしょうか。

1.「無理」や「我慢」をやめる

自分を抑えて「無理」や「我慢」をしている人は実はとても多いのです。

嫌われたくないから・・・
否定されたら傷つくから・・・
感情がぶつかるのが怖い・・・

婚活カウンセラーをしていると、そんな本音をよく聞きます。

その気持ちはとてもわかります。
相手が好きだからこその感情でもありますよね。

でも、そのままでいると、相手は、なんとなく距離を感じてしまうものです。
気持ちを抑え続けた結果、その恋は儚く終わってしまい、後悔だけが残る・・・本当によくある残念な展開です。

なんとか上手く関係が進んだとしても、二人の仲が深まれば深まるほど、お互いの異なる考えに困惑したり、納得がいかないことや、思いもよらなかった一面に遭遇するということも発生します。

そんな時、大切なのは、「無理」や「我慢」をし続けることでなく、「許し」「認める」ということです。

自分が相手を「許し」「認めて」いるとき、相手も自分の何かしらを「許し」「認めて」くれています。
そんな相手の姿勢が感じられると、自然と心もオープンになってきます。

無理や我慢を辞めるには、まず相手を認めることです。
人と人の関係はそれをもってこそ、「楽」になり、また相手に「優しく」なれるのです。

そんな関係を築けそうな相手を選びましょう。

2.自分を信じる

他人の価値観に振り回されない、つまり、自分の考えや判断に自信を持つことも大切です。

それがないと、年齢、学歴、収入、容姿など、誰から見ても良いと思われるであろう人を選んでしまい、自分の本音は置き去りです。
最終的には上手くいきません。

 

自分はこれが好き!
自分はこんな生活がしたい!
自分はこれが大切!

 

堂々と相手に伝えられる自信を持ちましょう。

気持ちをオープンにする力を「開示力」といいますが、これが発揮できる相手であること、そして、共に意見しあえること。
それがないと心が満たされず、永遠に自信も持てません。

そのためには、条件的な理想ばかり追い求めず、この人なら何を伝えてもきっと大丈夫と思える、基本的に人の話を否定しない姿勢のある人を選びましょう。
自信はそうした相手が与えてくれます。しかし、そのためには、まずは自分が心を開示する勇気は必要です。

3.「直感」を信じましょう

好きなんだけど何かがちがう・・・
好きなんだけど満たされない・・・
好きなんだけどただ苦しい・・・

直感で感じる、マイナス感情や言葉にならない違和感、それは、あなたらしさが奪われているサイン。
そんな時は関係を捨て去る勇気も持ちましょう。

ちょっぴり!?厳しいこともお伝えしましたが、一度の人生です、心から満たされる恋をしましょうね!

著者:ラブライフバランス研究所編集部
カテゴリー婚活のコツ
関連ワード | | |

婚活おすすめ情報

結婚したい!そんな時まずは婚活カウンセラーに相談を。
 相談会 
お見合いをやってよかった!結婚が決まった皆さまの声
 お見合い 
2つのコースのお見合いをご用意!成婚者の声を参考に始めてみませんか?
 お見合い