公開日: 
著者:ラブライフバランス研究所編集部

彼と要相談!結婚する前に必ず確認しておきたいこと3つ

お見合いや婚活相談をしていると、結婚直前に破談!という事態に遭遇することもあります。
破談には様々な理由がありますが、知っていれば事前になんとか出来たのでは、ということがほとんどです。

そうならないために、どんなことを事前に確認しておくべきなのでしょうか。

仕事に対する考え方

結婚したら、女性は、専業主婦になりたい!バリバリ働き続けたい!パートにして家庭中心にしていくつもり!など様々な考えがあると思います。
また男性も、40才になった起業する!などのビジョンがあったりします。

 

男性は基本的に結婚しても働くこと自体に変わりがないので、結婚と仕事のバランスに関して女性ほど意識が向いていません。
お互いの考えを意見交換せず進んでしまうと、
「仕事を辞めてもらったら困る」
「私は会社員の妻がよかったのに」
など、色々と揉める原因に。

もちろん長い人生の中では仕事に対する考え方も働き方も様々な変化があると思いますが、最初に思いきり異なっていないかは確認しておくべきです。

子供に対する考え方

結婚したら子供は欲しいか欲しくないか、何歳くらいで子供が欲しいかなど確認しておきましょう。
今は、年代問わず、子供は持たないと考えている人も少なくありませんし、妊娠率を考えて30代前半までに子供が欲しいと考える女性も多いでしょう。
男性は自分が産むわけではないので、考え方が曖昧でのんびりしていたりしますから、女性からしっかり意見を述べましょう。

また、跡取りなので子供がいないと困ると親御さんが考えていたりなど、自分たち以外の問題が関わってくることもあります。早めに話しておくことをおすすめします。

お互いの家族について

ある女性が結婚の挨拶に彼の実家に行ったところ、そこで初めて資産家のお坊ちゃんということが分かり、大豪邸に腰が引けてしまい、結婚を悩んだ、ということがありました。結婚して今は円満に生活されていますが、結婚直後は習慣が違い過ぎてかなり苦労されていました。

一方、彼の実家が借金だらけで逃げ出してきたという例も。

相手の家族とは一生のお付き合いとなります。何も知らないという事は無いようにしておきましょう。
また、どんなご家庭も大なり小なり問題は抱えていたりします。これくらいは、と軽く考えていたことが、相手にとっては大きな問題ということもありますから、伝えた方がいいかな、と思うことは早めにお話しておきましょう。

それで壊れてしまったら、と二の足を踏む気持ちもわかりますが、いつかは分かることです。早ければ早いほど対策が打てたり、相談して解決していくことも可能です。

自分の口からは伝えにくい、家族のこともある程度先に知っておきたいという方は、基本的な情報開示がされており、カウンセラーが間に入って、聞きにくいことも聞いてくれるお見合いがスムーズです。

そもそも、どれも結婚を考える者同士なら自然に話しに出てくるべき事ばかりですが、コミュニケーション不足のカップルも少なくありません。人生における大切なことです。きちんと話し合うことで着実な一歩を進んでいきましょう。

カテゴリー未分類
関連ワード | | |